有効な資産投資を実現するための情報サイト

都市綜研インベストバンクの評判
HOME » 話題の「みんなで大家さん」とは » 「みんなで大家さん」とはどんな投資方法なの?

「みんなで大家さん」とはどんな投資方法なの?

都市綜研インベストバンクで取り扱う不動産ファンドである「みんなで大家さん」とは、どんな商品なのか詳しく調べてみました。
「みんなで大家さん」の商品を購入することのメリットや、一般的に行なわれる不動産投資の違いについて不動産投資の話を交えながら、私なりにわかりやすくまとめています。
都市綜研インベストバンクは2013年2月「みんなで大家さん」販売株式会社」に社名変更したようです。

そもそも「みんなで大家さん」とは?

「みんなで大家さん」とは投資家が資金を持ち寄って、想定利回りの大きい商業施設や集合住宅の共同オーナーになる投資商品のこと。安定して借り手がつく賃料が高い物件に絞ってオーナーを募集し、その物件で得た賃料を投資者で配分します。

J-REIT(不動産投資信託)との違いは、市場の変化による価格変動が少ないこと。J-REITは投資口が株式のようなものなので、流動性が高く、価格が大きく上下する可能性があります。一方、「みんなで大家さん」はすでに契約済みの家賃収入を投資家に分配するため、変動リスクは少ないと言えます。実際にこれまで元本価格が変動したことはないようです。

これまでの不動産投資は、「大きなリスクを負いたくはないけれど、それなりに利益を得たい」というニーズに向けられていました。しかし、安定した家賃収入が得られる物件を購入するとなると、多額な費用が必要になり、物件の管理が面倒だったため、投資商品としての魅力を持ちながらも、ハードルの高さが難点でした。そこで、誰でも手軽に始められる不動産投資として誕生したのが「みんなで大家さん」です。

みんなで大家さんが解消した
不動産にまつわるデメリット

「管理が面倒…」を解消

建物の管理は営業者に任せられます。一般的な不動産投資の場合は、自分で管理業者を探さなければなりません。しかし、「みんなで大家さん」は入居者やテナントの管理、家賃滞納への対応、建物の維持管理などの煩わしい業務はすべて営業者が行なってくれるため、余計な手間が一切かかりません。

「現金化しにくい」を解消

不動産は資産として考えられますが、株式や投資信託などは違い、「すぐに現金化しにくい」というリスクがあります。買い手が見つかるのに時間がかかり、仮に買い主候補が見つかったとしても買い主候補が審査を通るまで待たなければなりません。「みんなで大家さん」では、営業者に譲渡することでいつでも現金化することができます。

「初期費用が高い」を解消

不動産投資では不動産を所有する権利を得るために、登記費用や不動産取得税、火災保険料などの初期費用がかかります。また、安定収入が見込める不動産物件だと初期費用は高額になることも。それにより、初年度から数年間は経費が家賃収入を上回り不動産所得が計算上、赤字になってしまうことがあります。
その点、「みんなで大家さん」は不動産を小口化することで、これらの費用を少額に抑えられるのです。

「不動産の下落」を解消

「みんなで大家さん」は変動しにくい賃貸利益で元本評価するため、元本割れのリスクが少ない運用を実現しています。不動産売買取引価格の場合、不動産の相場によって資産価値が下落することも。「みんなで大家さん」は、賃貸利益を評価基準にすることで、出資元本の変動が少ない比較的安定した資産運用商品にしています。

▼ 都市綜研インベストバンクの公式サイトで ▼
評判を見てみる

http://www.invest-bank.co.jp/

リスクを最小限に抑える仕組み

不動産投資における最大の問題は「不動産評価額の変動」。景気が悪化すると評価額は落ちていく一方です。

しかし、「みんなで大家さん」では不動産取引価格に比べて比較的変動の少ない賃料収入で元本を評価しています。万が一、物価の価格が下がってしまっても、家賃は簡単に変動させることができないため、一般的な不動産投資と比べても元本割れを起こすリスクが低いと言えるのです。

また、「みんなで大家さん」では、なるべく元本割れのリスクを最小限に抑えるための「優先劣後システム」を採用。優先劣後システムとは、下落してしまった利益分配金、出資元本を出資の範囲内で負担してくれるシステムです。これらを利用することによって自分の利益分配金、出資元本にも影響はなく安心して来月からも運営ができます。

元本割れのリスクを最小限にする
「優先劣後」システムの仕組み

投資家に優位性をつけるシステム

景気の悪化といった何かしらの原因で、物件の賃料が下がってしまった場合、出資元本や利益分配金に影響が出ることがあります。損失が出た場合には、出資している人や会社が損失分を補わなければなりません。損失分を補う金額や順番を優遇してもらえるシステムが「優先劣後システム」です。

個人の出資者は優先出資者が多く、元本割れが発生した際は少ない金額の支払いもしくは支払う金額が発生しません。会社が出資者の場合は劣後出資者となり、出資の範囲内で下落した分の金額を支払う義務が発生します。個人投資家にとって、優先劣後システムはリスクを極小化するために必要なシステムなのです。

株式・預貯金・不動産世の中にある投資について

投資の中には株式・預貯金・不動産などさまざまなものがあります。株式は株を購入している会社の業績が上がれば株の価値が高まり収益も大きいですが、急激な株価下落や投資先の会社が倒産したなどの大きなリスクがつきまとうのが難点。

預貯金はリスクが低いですが、得られる金額もごくわずかな金利のみです。不動産投資は出資者が不動産を購入後、人に貸して家賃収入を得ることができたり、購入金額以上で売却して利益を得ることができたりします。しかし、個人で不動産投資をする場合は初期費用や経費が高額になり、建物の管理業務といった煩わしさが出てくるもの。リスクが大きいと感じられるこれらの投資ですが、「みんなで大家さん」は投資の中でもリスクが低く、元本分が保証されるメリットもあります。

「みんなで大家さん」は賃貸利益のため市場の変化を受けにくい

「みんなで大家さん」が提供する商品は市場の変動を受けにくい商品です。通常、不動産売買の取引の場合、不動産のみの相場によっては資産の価値が下がることもあります。しかし賃貸利益を評価基準とした「みんなで大家さん」の商品は、賃料が不動産売買取引価格の変動に比べて資産価値が安定しているため、出資した元本に影響が出る心配が少ないのです。

「みんなで大家さん」の利益分配金

「みんなで大家さん」では2ヶ月に1回、提供している商品の利益分配金を受け取ることができます。例えば、1口100万円で想定利回り6%の商品に出資している場合、平均1万円を受け取ることが可能。4ヶ月で2万円、6ヶ月で3万円と徐々に増えていきます。3年間の運用なら、18万円を受け取ることができるのです。「みんなで大家さん」は今のところ安定した運用が続いており、想定利回りを下回ったことがありません。初めて投資する人や利回りの高い投資をしたい人におすすめの会社です。

少額投資が可能な「みんなで大家さん」は

「みんなで大家さん」は複数の出資者を募って投資ができるため、少額投資が可能です。優先劣後システムを採用しており、万が一、景気の悪化によって賃料が下がった場合は下落率に応じて資金の20%までは、元本が保証されます。つまり範囲内の下落であれば、利益分配金や出資元本に影響が出ないのです。多くの人が集まって、出資する「みんなで大家さん」は初めて投資をする人や利回りの良い投資がしたい人におすすめの投資と言えるでしょう。

「みんなで大家さん」にデメリットはないの?

ここまでは「みんなで大家さん」のメリットを記載してきましたがいかがでしたでしょうか?凄く魅力的な「みんなで大家さん」に見えますが、実は利用するうえでは把握しておいた方が良いポイントがいくつかあるのでまとめて紹介します。

  • 元本保全システムを利用していても、元割れするケースもある
  • 予想分配率を採用しているため固定された配分金の保証がない
  • 賃貸収入や賃貸事業の支出の変動によって配分金が変動してしまう
  • 賃貸収入で得た収益は雑所得扱いになるため、税金対策としては不向き

など。どんなに魅力的なシステムを導入していても、デメリットはつきものです。利用する際には、しっかりとデメリットを把握するようにしましょう。

実際に使用している方の口コミ・評判

「みんなで大家さん」に関するメリット・デメリットを紹介してきましたが、実際に「みんなで大家さん」を利用している人の声を見てみましょう。

男性・39歳

給料が下がってしまったので、資産運用をして少しでも資産を増やすために不動産投資をはじめることにしました。しかし、どの商品も思っていたよりもリスクが高く悩んでいたところ、低リスクで利率も高い「みんなで大家さん」を発見。運用している物件の賃料収入が安定しており、万が一価値が下落してもリスクが小さいことが決め手と出資しました。まだ少し不安ですが、今は2ヶ月に一度行なわれる分配金が楽しみです。

男性・27歳

条件が良すぎて信用に関して不安がありました。しかし。他社の不動産投資商品に比較したときに財務に大きな差がなかったことと、ネットで評判を調べても特別問題はなさそうだったので出資を決めました。「みんなで大家さん」は他社の不動産投資商品や公社債と比べて利回りが良いのでかなり期待できます。今後の成果を楽しみです。

女性・57歳

リスクを最低限に少しでも資産を増やすにはどんな方法があるのか探していました。これまで株を行なってきましたが、今まで増えたことがありません。そのため、「みんなで大家さん」のサイトを見たとき「こんな良い話があるのか!」と思いました。掘り下げて調べてみると、譲渡ができてリスクが小さく、小額資金で不動産投資が可能だったこと、高額な分配金が期待できそうなこと魅力を感じて出資することに。次の分配金を楽しみにするとともに、今後増口していけたらいいなと思っています。

女性・39歳

金利が下がったため、他に良い投資がないか探していました。しかし、どれもリスクが大きく手を出すことができず…。そんなときに出会ったのが「みんなで大家さん」です。元本割れに関する不安はありましたが、分配率が予定分配率を下回ったことがないこと、出資金割りになった商品がない、という実績に惹かれて出資を決意。そのほかにも、利率の良さもとても魅力的でした。私が出資したのは倉庫として使用される不動産物件。企業が扱う倉庫なら簡単になくなることはないのだろうと安心できました。5年後を楽しみして、上手くいけば増額しようと思います。

男性・47歳

安全で金利の高い投資商品を探していました。以前、投資会社が倒産して大損したためとても不安でしたが、ネットでの評判が良かったのでトライしてみることに。利率の高い投資にはリスクがつきものですが、そこまでではなかったので投資をすることにしました。配当がきちんとしていて、とても良い投資ができたと思います。元本割れのリスクが少し気になりますが、これからも続ける予定です。

男性・57歳

投資には興味がありましたが、知識がまったくなく、なかなか始められずにいました。外貨預金にチャレンジしようとしましたが、想像よりもリスク大きく一歩踏み出すことができず。あるとき、テレビのオンデマンド放送で「みんなで大家さん」の特集をして興味を持ちました。配当が高額だったため、「本当に大丈夫なんだろうか」と不安でしたが、説明を聞いて信頼できる会社だと思い、出資することに決意。事業の仕組みがしっかりしていて実績も高いので初心者にはピッタリだと思います。

PageTop

【免責事項】
「都市綜研インベストバンクの評判」は、投資がしたい方のために個人で調査・運営しているサイトです。
2016年12月時点の情報をもとに作成していますので、最新情報を知りたい方は直接公式サイトでご確認下さい。

都市綜研インベストバンクの噂を調査

都市綜研インベストバンクについて調査 不動産投資商品についての書き込み 投資家たちの体験談

話題の「みんなで大家さん」とは

どんな投資法なのか みんなで大家さんを始めるには みんなで大家さんの会員特典 みんなで大家さんQ&A
2chでの評価 運営会社について みんなで大家さんに出資している人の口コミ みんなで大家さんが扱っている商品

資産投資にリスクは付きもの?代表的な投資法を調査

株主になる FXをする 牝牛のオーナーになる ラブホのオーナーになる MARSをする
投資物件を購入する 商品先物取引・コモディティに投資する 金に投資をする 国債を買う
投資信託をする 怪しい投資話を見極める 不動産投資信託をする ビットコインに投資をする
預金をする ワイン投資をする J-REITをする

サイトマップ

Copyright (C)都市綜研インベストバンクの評判 All Rights Reserved.