有効な資産投資を実現するための情報サイト

都市綜研インベストバンクの評判
HOME » 一般的な資産投資のリスクを調査 » 投資物件を購入する

投資物件を購入する

不動産投資で期待できる収益には、投資した不動産を人に貸して、定期的な利益(賃料)を受ける「インカムゲイン」と、購入した不動産をその購入金額以上で売却して利益を得る「キャピタルゲイン」があります。

以前は、キャピタルゲインに期待して不動産投資を行なわれることが多かったのですが、最近では、毎月安定した収入が得られるインカムゲインを期待して行なわれるのが主流です。

不動産投資の場合、入居者が確保できれば、2~3年は安定した収入が見込めますし、家賃の相場は安定しているため、急激な変動はほとんど起こりません。
収益分配も、株式投資などが半年や1年に一度なのに対し、毎月行なわれる点も魅力です。

現在では、賃料による収益が主流になっていますが、投資する物件によっては、売却して利益を得ることも可能です。
不動産投資というと、多額の資金が必要になる場合がありますが、投資する不動産を担保に、金融機関から資金を借りるという方法もあります。この場合、毎月の家賃収入を金融機関への返済に充てることができます。

物件購入の不動産投資のリスク

預貯金はローリスク・ローリターン、株式投資はハイリスク・ハイリターン、不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンと言われています。
不動産投資における利益は、賃料や売却利益ですが、その反対に次のようなリスクが考えられます。

家賃収入のリスク

不動産投資は、入居者が確保できれば安定した収益が見込めますが、入居者が居なかったり、空室の期間が長くなったりすると、その間、家賃収入は得られません。
空室であっても、管理費や固定資産税、都市計画税などの経費がかかります。そのため、家賃収入が得られなければ、収支はゼロどころかマイナスになってしまいます

さらに、空室よりも厄介なのが、家賃の滞納です。賃料の催促や回収の業務を業者に依頼したり、退去させるために弁護士などに依頼すると、その分、費用がかかります
退去させた場合でも、必ずしも不払い分の賃料が回収できるとは限りません。
また、契約期間中でも、借主の事前通知により中途解約される場合もありますし、契約更新や借主の入れ替えの際に、賃料が下がってしまう可能性も否めません。

天災・人災によるリスク

地震や台風による土砂災害、冠水などの天災から逃れることはできません。
これらの災害によって建物が倒壊してしまうと、家賃収入が得られない上に、建物を再建するための費用がかかってしまいます
また、火災による焼失のリスクも忘れてはいけません。
これらのリスクを軽減するためには、建物の構造を強化したり、耐火性の高いものにしたりする必要も出てきます。
さらに、殺人や自殺などの事件が起こったり、何らかの事故が起こった場合など、なかなか入居者が確保できなかったり、賃料を大幅に下げざるを得なくなるなどのリスクも生じてきます。

流動性が低い

急にお金が必要になった場合、換金しようと思ってもすぐには実現できません。不動産の場合、早くても1カ月、長ければ1年以上時間がかかってしまうこともあります。
また、売りたい気持ちが先走ってしまうと足元を見られ、売却価格が安くなってしまうケースも考えられます。

>>不動産に資産投資するよりも低リスク資金の活用法は?<<

都市綜研インベストバンクの投資法とは
都市綜研インベストバンクの投資法とは
PageTop

【免責事項】
「都市綜研インベストバンクの評判」は、投資がしたい方のために個人で調査・運営しているサイトです。
2016年12月時点の情報をもとに作成していますので、最新情報を知りたい方は直接公式サイトでご確認下さい。

都市綜研インベストバンクの噂を調査

都市綜研インベストバンクについて調査 不動産投資商品についての書き込み 投資家たちの体験談

話題の「みんなで大家さん」とは

どんな投資法なのか みんなで大家さんを始めるには みんなで大家さんの会員特典 みんなで大家さんQ&A
2chでの評価 運営会社について みんなで大家さんに出資している人の口コミ みんなで大家さんが扱っている商品

一般的な資産投資のリスクを調査

株主になる FXをする 牝牛のオーナーになる ラブホのオーナーになる MARSをする
投資物件を購入する 商品先物取引・コモディティに投資する 金に投資をする 国債を買う
投資信託をする

サイトマップ

Copyright (C)都市綜研インベストバンクの評判 All Rights Reserved.