有効な資産投資を実現するための情報サイト

都市綜研インベストバンクの評判
HOME » 一般的な資産投資のリスクを調査 » MARSをする

MARSをする

MARSとはアメリカの医療機関の診療報酬請求債権のことです。
このMARSを額面よりも低い価格で買い取り、保険会社に正しく請求することで収益を上げる投資をMARS投資といいます。

このような投資が誕生した背景には、日本とは異なるアメリカの医療制度が存在します。
日本の場合、病院などで治療を行なうと、診療報酬(治療費)の請求は患者と保険者の両方に行なわれます。
患者は窓口で自己負担分を支払い、保険者には点数制によって統一された請求フォーマットによって請求されます。

これに対し、アメリカには日本のような保険制度がありません。
そのため、診療報酬の請求先は、患者と、3,000社以上にも上る民間の保険会社です。患者の自己負担分も、患者が窓口で支払うのではなく、病院側が患者宛てに請求書を作成しなければなりません。

さらに、保険会社や保険内容ごとに請求フォーマットやコードが異なるため、請求の事務処理だけでも大変な業務になります。
ゆえに、アメリカにおける医療機関独自の診療報酬の回収率は30~35%と低いものとなっているのです。

また、煩雑な作業を終えて保険会社に請求しても、診療報酬が支払われるまでに半年ほどの時間がかかります。
経営を維持するためには資金の確保が欠かせませんから、この時間のロスは、医療機関にとって非常に頭の痛い問題です。

MARS投資の仕組み

これらの問題を解消するために誕生したのが、MARS回収専門会社です。
医療機関に代わって煩雑な業務をこなし、保険会社へ正しく請求して高い回収率を実現します。

医療機関は、MARSを回収専門会社に売却することで事務処理の負担を軽減し、資金が早期に入るようになります。

一方、MARS回収専門会社は、額面よりも低い価格でMARSを買い取り、額面通りに回収することで収益を得ることができます。
双方のメリットが合致したビジネスシステムですが、回収専門会社がすべてのMARSを回収するには至っていません。
そこで、ファンド化して問う資金を募り、MARSの買取りと回収の差額から配当を返還するという投資商品が生まれたのです

MARS投資のメリットとデメリット

MARS投資のメリットは、固定利率6.0~8.5%という高い利率にあります。
たとえば、150万円を2年間運用した場合、1年間の利息受取額は91,350円。2年間で182,700円の利息が受け取れる計算になります。

また、株式などとは異なり、経済情勢などによって債権の価値が変動することがなく、景気に左右されにくいという特徴もあります。
銀行や保険会社、医療機関の倒産の場合にも、フォロー体制があるようです。

しかし、投資対象商品がドル建てなのに、円建ての利率が高いこと、投資金額が高くなるほど利率が上がる点、アメリカではなくわざわざコストをかけて日本で資金調達する点、顧客を個人投資家のみに絞っている点などに、不安を覚える人も多いようです。

なにより、MARS投資は、その将来性が不確かです。というのも、今後、アメリカの医療制度がどのように変わっていくかわかりません。
医療制度が改革されたときに、このMARS投資が成り立つのかという不安は拭い去れません。

>>MARS投資よりも不安要素が少ない資産運用は?<<

都市綜研インベストバンクの投資法とは
都市綜研インベストバンクの投資法とは
PageTop

【免責事項】
「都市綜研インベストバンクの評判」は、投資がしたい方のために個人で調査・運営しているサイトです。
2016年12月時点の情報をもとに作成していますので、最新情報を知りたい方は直接公式サイトでご確認下さい。

都市綜研インベストバンクの噂を調査

都市綜研インベストバンクについて調査 不動産投資商品についての書き込み 投資家たちの体験談

話題の「みんなで大家さん」とは

どんな投資法なのか みんなで大家さんを始めるには みんなで大家さんの会員特典 みんなで大家さんQ&A
2chでの評価 運営会社について みんなで大家さんに出資している人の口コミ みんなで大家さんが扱っている商品

一般的な資産投資のリスクを調査

株主になる FXをする 牝牛のオーナーになる ラブホのオーナーになる MARSをする
投資物件を購入する 商品先物取引・コモディティに投資する 金に投資をする 国債を買う
投資信託をする

サイトマップ

Copyright (C)都市綜研インベストバンクの評判 All Rights Reserved.