有効な資産投資を実現するための情報サイト

都市綜研インベストバンクの評判
HOME » 資産投資にリスクは付きもの?代表的な投資法を調査 » 不動産投資信託が投資初心者におすすめな理由

不動産投資信託が投資初心者におすすめな理由

投資のイメージ

世間には様々な投資方法があふれています。

その中でも注目を集めているのが不動産投資信託(リート/REIT)です。

日本ではJ-REIT(ジェイリート)とも呼ばれています。

少額から投資が可能、証券取引所に上場されているため現金化がしやすいなどのメリットがあり、投資に慣れていない初心者にこそおすすめの投資信託。

その理由について、こちらで詳しく解説します。

不動産投資信託が初心者におすすめな理由はこの3つ!

そもそも不動産投資信託とは、ビルやマンションなど、個人では所有が難しい不動産を証券化して所有する権利のことです。

競馬の「一口馬主」とシステムが似ていますね。わずか数万円から投資が始められ、株式と同じように証券取引所で自由に売買できる手軽さが人気の理由です。

1. 少額から投資ができて分配金が比較的高めで安定している

個人で不動産投資をするには数百万円単位以上の資金が必要なケースがほとんどですが、不動産投資信託は複数の投資家が少額ずつ資金を出し合って投資するシステムのため、数万円単位からの投資が可能です。

物件を管理する手間などもないので初心者向けと言えます。

また、投資者への分配金はその保有する物件の賃貸料から支払われます。マンションなどの賃貸料は定期的に入ってきますから、安定した分配金が期待できます。

物価が上昇した場合でも、その分賃貸料も上がってくるためインフレのリスクが少ないところも魅力のひとつですね。

分配金が高いのは、税制面で有利だから!

不動産投資信託は、投資法人制度に基づいています。簡単に言うと、株式会社と同じように法人扱いだということです。しかし株式会社と違って数人の役員(執行役員・監督役員)がいるだけで従業員はいません。

運用や保管、事務などは外部に委託することが義務付けられていて、賃貸用不動産を取得して保有し、賃貸収入を得るだけという単純な構造の会社です。

そしてその利益のほとんどは投資家に分配されています。「配当可能利益のほとんどを分配する」などの用件を満たすことで法人税がほとんどかからず、その分、分配金を多くすることができるのです。

2. プロの目利きが運用するので専門知識が不要

投資対象となる不動産を選定したり、長期的な収益を分析したりといったことは、運用会社のファンドマネージャー(金融資産運用の専門家)が行います。

そのため、専門知識がそれほどなくても投資を始めることが可能です。プロの目利きが運用しているので、不動産取引にありがちなリスクも低いと言えるでしょう。

3. 証券だから現金化しやすい

不動産投資信託は、通常の不動産売買と違って証券市場に上場しているため時価で簡単に取引ができます。

株取引と同様、証券会社に口座を開設していれば、証券会社の窓口やネットトレードなどで売買注文ができるため、現金化しやすく初心者向けと言えます。

「少額から投資可能で分配金が安定している」「専門知識が不要」「株と同様売買が簡単」など、メリットがいっぱいの不動産投資信託。投資に不慣れな方には特におすすめです。

「みんなで大家さん」も初心者にオススメ

ここまで解説してきた不動産投資信託商品とは少しシステムが異なりますが、「みんなで大家さん」も初期費用無料・高い利回り・優先劣後システムの採用による元本毀損リスクが少ない不動産投資商品として評判です。

不動産投資信託と異なる点は、1口100万円からの出資であることと、自由な売買ができないことです。

しかし、投資した不動産の評価額が下落した場合でも、優先劣後の範囲内であれば元本に影響がない仕組みと、3年以内の短期運用などもあり、デメリットとは言えません。

元本の変動リスクとしては「みんなで大家さん」のほうが少ないこともあり、株のように売買を繰り返したりしないのであれば、十分に魅力のある投資商品と言えます。

「不動産投資信託」や「みんなで大家さん」などの中から、自分に合った投資商品を見つけて投資することが重要ですね。

不動産投資信託と不動産投資の違いについて解説

不動産投資信託(リート/REIT)と不動産投資は、言葉だけを見れば同じような印象を受けますが、両者には大きな違いがいくつかあります。

物件に対する所有権の有無の違い

不動産投資信託と不動産投資の大きな違いとしてまず挙げられるのが「投資対象となる物件の所有権を得られるかどうか」です。

不動産投資は、「不動産を購入し、それを人に貸して賃料による利益を得る(インカムゲイン)、あるいは購入額よりも高い金額で売却して利益を得る(キャピタルゲイン)」という形の投資手段で、投資者そのものが「不動産を購入する=その不動産の所有権を得る」という形になります。

これに対して不動産投資信託は、「不動産投資会社が、不動産に投資するためのお金を投資家から集め、家賃収入や売買等で得た利益を投資家に分配する」というものですから、投資者が不動産の所有権を持つわけではありません。

投資資金の融資の可否の違い

不動産投資信託と不動産投資は、「銀行などから投資資金の融資を受けられるかどうか」でも差が出てきます。

不動産投資信託の場合、不動産の所有権を投資者が持てるわけではありませんから、当然、不動産を担保として使うことはできません。

ですから「物件を担保に、不動産投資信託に使うお金を借りる」ということは不可能です。

では担保の必要がない無担保ローンの利用を、と言いたいところですが、無担保ローンのほとんどは投資目的の融資を対象外としているので、こちらの利用も難しいといえるでしょう。

つまり不動産投資信託は「あくまで、手持ちの資金の範囲でやれる投資」ということになるのです。

これに対して不動産投資は、ローンの利用が不動産投資信託と比べて容易です。

一般的な住宅ローンは「対象となる不動産に本人が日常的に居住すること」という条件があるため、これを不動産投資に利用するのはタブーとなっていますが、一部の金融機関では住宅ローンとは別に、不動産投資ローンを取り扱っています。

この不動産投資ローンを利用すれば、投資物件購入資金を借りることも可能なのです。

さて、こうなると「不動産投資ローンを不動産投資信託にも利用すればいいのではないか」と思われるかもしれません。

しかし、不動産投資ローンも住宅ローンと同様に「物件を担保にすること」が必要条件となっていますので、不動産投資信託には使えないのです。

こうしたローンの点だけを見ると、借りる手段がある不動産投資の方が有利だと思えてしまうかもしれませんが、逆に言えば不動産投資は、ローン利用によって手持ちの資金以上の大金をつぎ込めてしまうため、失敗した時のリスクが大きい、ということにもなるのです。

投資初心者に対するハードルの違い

不動産投資信託と不動産投資の大きな違いとしてはもうひとつ、「投資初心者に対するハードルの高さの違い」が挙げられます。

不動産投資信託は、投資家ではなく資産運用の専門家であるファンドマネージャーが運用してくれるので、簡単に言えば「プロにおまかせの投資」という形になります。

ファンドマネージャーは「投資運用の結果が、自身の信頼や次の仕事につながる」という理由もあって本気で利益を出そうと運用してくれますので、この点でも投資初心者の自己判断による運用よりは心理的に安心感があるといえます。

これに対して不動産投資は、物件や管理会社の紹介自体はあるものの「それらの情報をもとに、どの物件に投資をするか」を決めるのは投資者で、基本的には全てが自己責任の世界です。

また、提示される情報についても、あくまで「投資物件を売りたいという業者目線での情報」ですから、都合の悪い部分は分かりにくくなっている、というケースも少なくありません。

こうした状況の中で的確な判断をする、というのは、初心者にとってはハードルがきわめて高いといえるでしょう。

都市綜研インベストバンクの投資法とは
都市綜研インベストバンクの投資法とは
PageTop

【免責事項】
「都市綜研インベストバンクの評判」は、投資がしたい方のために個人で調査・運営しているサイトです。
2016年12月時点の情報をもとに作成していますので、最新情報を知りたい方は直接公式サイトでご確認下さい。

都市綜研インベストバンクの噂を調査

都市綜研インベストバンクについて調査 不動産投資商品についての書き込み 投資家たちの体験談

話題の「みんなで大家さん」とは

どんな投資法なのか みんなで大家さんを始めるには みんなで大家さんの会員特典 みんなで大家さんQ&A
2chでの評価 運営会社について みんなで大家さんに出資している人の口コミ みんなで大家さんが扱っている商品
みんなで大家さんファームを紹介

資産投資にリスクは付きもの?代表的な投資法を調査

株主になる FXをする 牝牛のオーナーになる ラブホのオーナーになる MARSをする
投資物件を購入する 商品先物取引・コモディティに投資する 金に投資をする 国債を買う
投資信託をする 怪しい投資話を見極める 不動産投資信託をする ビットコインに投資をする
預金をする ワイン投資をする J-REITをする

サイトマップ

Copyright (C)都市綜研インベストバンクの評判 All Rights Reserved.