有効な資産投資を実現するための情報サイト

都市綜研インベストバンクの評判
HOME » 一般的な資産投資のリスクを調査 » 金に投資をする

金に投資をする

現物投資の1つである金投資についてまとめています。

まずは金投資のリスクを知ろう

金投資とは、金価格の差額を利用して金の売買益を得るもの。購入した価格よりも金の価値が上がっているときに売ると利益が得られ、逆に下がっているときに売ると損益になってしまいます。

金が高額なものであるため、リスクが高いというイメージを持つ人も多いと思います。そこで、まずは金投資にどんなリスクがあるのか見ていきましょう。

チェック金価格の変動で資産が増減する

金価格の変動は、名前のとおり金の価格が上下すること。金自体の価値がそのまま資産となるので、金価格を日頃からチェックすることが重要です。

チェック為替レートの変動に注意

金は世界で通用するものなので、金の国際価格はドル価格となっています。日本での金価格は、国際価格のドル価格を換算したものです。よって、日本の金価格は、金価格の変動に加えて、ドルの為替レート変動の影響を受けています。金を売買する時は、金価格と為替レートから売買額を算出しましょう。

チェック保管にお金がかかる

金を購入した場合、自宅での保管が基本となります。保管スペースや金庫を用意しなければなりません。金を販売している会社によっては、金を預かってくれるところもありますが、契約などに手数料が必要になってきます。

チェック盗難される可能性がある

金を保有しているときは、盗難の危険性も考えなくてはいけません。盗難されたときのために保険に加入しておく必要があります。もちろん、保管場所の防犯対策などにも力を入れましょう。

以上が金投資の代表的なリスクです。株式投資などに比べると、比較的リスクが少ないようです。しかし、自分自身で金を保管しなくてはいけないなど、少々重荷に感じてしまう部分もあります。

金投資の特徴はローリスク・ローリターン

金投資の特徴は、金自体に価値がついていることと、世界中で取引ができることです。株式のように、投資している会社が潰れてしまったら、などの心配も必要ありません。世界中で価値を認められている金は、安定した価値を保っており、比較的安全な資産運用が可能です。

世界経済が不安定になっても、金自体の価値は無くならないので、有事に備えて金を保有する人もいます。その大きな理由は、金が有限物質でありながら利用価値の高い物質であることでしょう。実際、10年前や20年前などに比べると金価格は上昇傾向にあり、これからも価格は上昇していくと考えられています。

しかし、1年や2年では価格が激しく上下していることも多く、短期的な資産運用には向いていません。できるだけ長期的な資産運用として活用すると良いでしょう。金投資と他の投資を組み合わせた資産運用をしている投資家も多いようです。

都市綜研インベストバンクの投資法とは
都市綜研インベストバンクの投資法とは
PageTop

【免責事項】
「都市綜研インベストバンクの評判」は、投資がしたい方のために個人で調査・運営しているサイトです。
2016年12月時点の情報をもとに作成していますので、最新情報を知りたい方は直接公式サイトでご確認下さい。

都市綜研インベストバンクの噂を調査

都市綜研インベストバンクについて調査 不動産投資商品についての書き込み 投資家たちの体験談

話題の「みんなで大家さん」とは

どんな投資法なのか みんなで大家さんを始めるには みんなで大家さんの会員特典 みんなで大家さんQ&A
2chでの評価 運営会社について みんなで大家さんに出資している人の口コミ みんなで大家さんが扱っている商品

一般的な資産投資のリスクを調査

株主になる FXをする 牝牛のオーナーになる ラブホのオーナーになる MARSをする
投資物件を購入する 商品先物取引・コモディティに投資する 金に投資をする 国債を買う
投資信託をする

サイトマップ

Copyright (C)都市綜研インベストバンクの評判 All Rights Reserved.