有効な資産投資を実現するための情報サイト

都市綜研インベストバンクの評判
HOME » 資産投資にリスクは付きもの?代表的な投資法を調査 » 預金をする

預金をする

もっとも手軽で誰もが行っている投資といえば、銀行にお金を預けるだけでOKな「預金」。利子によって利益を生み出すことができ、日本円だけでなくドルやユーロといった外貨を預金する「外貨預金」という方法もあります。お金を預ける行為は同じでもメリットやデメリットはそれぞれに異なるので、預金で儲けを出そうと考える前に確認しておきましょう。

預金のメリット

預けるだけでOKな手軽さ

銀行にお金を預けると、わずかではありますが利子がつきます。多くの方が日ごろ利用している普通預金も、立派な投資のひとつなのです。必要な時にはお金の出し入れもできる、手軽な投資方法だと言えます。

定額預金なら利子が大きくなる

数カ月や1年など、定められた期間お金を預けることで普通預金よりも高い利子を得られる定額預金。満期が来るまでお金を引き出すことはできませんが、しばらく触らないことがわかっているお金を有効活用できます。

金利が高い外貨預金

ドルやユーロといった外国の通貨を預金した場合、円を預けるよりも金利が高くなります。1年定期の場合、米ドル0.2~1.2%前後、ユーロ外貨だと0.001%と日本円に比べると有利に。外貨への交換を円高の時に行い円安の状態で日本円に戻すと、外国為替相場の差によって利益が多くなります。

預金のデメリットやリスク

預金

出し入れが自由な普通預金の場合、金利が低いため利益と呼べるほどの利子はありません。

定額預金

一定期間預け入れる約束で普通預金よりも金利が高くなっている定額預金。満期が来るまではお金を引き出すことができないため、急な出費で困る可能性があります。全額を預けるのではなく、使わない可能性が高い額だけ預けるのがおすすめです。

外貨預金

円高のあおりを受ける可能性が高い

外貨預金で行うのは為替取引なので、株やFXとは違い経済の成長を促す投資とは異なります。実際にはギャンブルに近い性質を持っている為替取引。円安と円高の影響を受けやすく、ゼロサムゲームと呼ばれる「得した人の数だけ損した人も存在する」という状態が起こります。

そのため円高のあおりを受けて資産が大幅に減る可能性も。

万が一の際の保証がない

普通預金や定額預金の場合、仮に銀行が倒産したとしても元本1000万円までの利息が「預金保険制度」により保証されています。しかし外貨預金は保証の対象ではないので、銀行によっては預けたお金が帰ってこない危険性もあるのです。外貨預金のリスクを少しでも減らすためには、外貨や為替について調べるだけでなく、預け先が本当に信頼できる銀行かどうかもチェックしなければなりません。

手数料でマイナスになりやすい

外貨預金の場合、利用する金融機関によって為替手数料が異なります。為替手数料は、円からドルへ、ドルから円へ変える時に発生。ドルの場合は片道1円の手数料がかかるため、円に戻すことには2円の手数料がかかります。この2円の積み重ねが利子よりも大きくなり、最初に預けた額よりも減る場合も。外貨預金を行う際は、手数料が安い金融機関を選ぶのがおすすめです。

また定額預金を行っている時に解約すると、解約手数料が発生するので注意しましょう。

>>預金より安全に収支が見込める資産活用法は?<<

都市綜研インベストバンクの投資法とは
都市綜研インベストバンクの投資法とは
PageTop

【免責事項】
「都市綜研インベストバンクの評判」は、投資がしたい方のために個人で調査・運営しているサイトです。
2016年12月時点の情報をもとに作成していますので、最新情報を知りたい方は直接公式サイトでご確認下さい。

都市綜研インベストバンクの噂を調査

都市綜研インベストバンクについて調査 不動産投資商品についての書き込み 投資家たちの体験談

話題の「みんなで大家さん」とは

どんな投資法なのか みんなで大家さんを始めるには みんなで大家さんの会員特典 みんなで大家さんQ&A
2chでの評価 運営会社について みんなで大家さんに出資している人の口コミ みんなで大家さんが扱っている商品

資産投資にリスクは付きもの?代表的な投資法を調査

株主になる FXをする 牝牛のオーナーになる ラブホのオーナーになる MARSをする
投資物件を購入する 商品先物取引・コモディティに投資する 金に投資をする 国債を買う
投資信託をする 怪しい投資話を見極める 不動産投資信託をする ビットコインに投資をする
預金をする ワイン投資をする J-REITをする

サイトマップ

Copyright (C)都市綜研インベストバンクの評判 All Rights Reserved.