有効な資産投資を実現するための情報サイト

都市綜研インベストバンクの評判
HOME » 一般的な資産投資のリスクを調査 » 牝牛のオーナーになる

牝牛のオーナーになる

資産を運用する方法のひとつとして、牝牛のオーナーになるという選択肢があります。
これは、消費者が生産者に契約金を支払い、期間限定で牧場が保有する繁殖母牛のオーナーになります。
この母牛から産まれた子牛を売却した利益を受け取れるシステムです。

オーナー制度の流れ

このオーナー制度を実施している安愚楽牧場を例にとってどのように資金を運用するのか見てみましょう。
現在、安愚楽牧場のオーナー制度には、以下の2つのコースがあります。

上記のコースから以下のシステムで資金が振り込まれます。

  1. 和牛専門家による繁殖母牛の選定
    牧場の専門家が、黒毛和牛の資質を選定し、優れた繁殖母牛を用意します。
  2. 売買・飼養委託契約と契約金の払い込み
    売買・飼養委託契約申し込み後、最初に繁殖牛買取代として、契約金(売買・飼養委託契約金)を支払います。
  3. 契約の締結
  4. 繁殖母牛の飼育
    丹精こめて飼育された繁殖母牛は、経験豊富な受精師によって種付けされ、整った飼育設備と近代的な技術によって子牛を生産していきます。
  5. 子牛予定売却利益金の受け取り
    契約期間内に産まれた子牛は、安愚楽牧場によって買い取られます。その子牛の買取代金から飼養管理費を差し引いた金額が、オーナーに支払われます。
  6. 契約の終了
    委託期間が終了すると、繁殖母牛は安愚楽牧場が買い受けます。買受代金(売買飼育預託契約金)は満了期日に、オーナーの指定金融機関に振り込まれます。

元本割れなしの実績

万一、オーナーとなった繁殖母牛が病気や事故などで死亡した場合、安愚楽牧場が保有している牛を代わりに提供してもらえます。牛は、大型損害保険や家畜共済保険にも加入しています。

また、契約の途中解約も可能です。クーリングオフ制度があるので、契約後14日以内であれば、全額が返金されます。
中途解約の場合は、契約金の10%が違約金として安愚楽牧場に支払われます。

なお、安愚楽牧場では、オーナー制度の導入以来、元本割れや利息の不払い・遅延などは一度もないという実績があります。

オーナー制度のリスク

このオーナー制度は、言い換えれば、安愚楽牧場という企業に対する貸付であり、安愚楽牧場にとっては、無担保かつ低金利で資金を調達できるというメリットがあります。
しかし、このオーナー制度を企業に対する貸付と考えると、無担保で3~4%の金利で貸し出す金融機関があるはずもなく、投資に詳しい人から見れば、このような商品に手を出すのはリスクが高いと考えられます。

また、口蹄疫や狂牛病などが拡大した場合、オーナー制度に参入する個人が激減し、資金不足に陥ることも考えられますし、海外から安くて質のよい牛が輸入された場合、牛の価格が下落する可能性もないとはいえません。

オーナー制度に限ったことではありませんが、企業自体が経営悪化などにより、倒産した場合、出資したお金は戻らないというリスクがあることも忘れてはいけません。

>>牝牛のオーナーよりも低リスクの資産運用法<<

都市綜研インベストバンクの投資法とは
都市綜研インベストバンクの投資法とは
PageTop

【免責事項】
「都市綜研インベストバンクの評判」は、投資がしたい方のために個人で調査・運営しているサイトです。
2016年12月時点の情報をもとに作成していますので、最新情報を知りたい方は直接公式サイトでご確認下さい。

都市綜研インベストバンクの噂を調査

都市綜研インベストバンクについて調査 不動産投資商品についての書き込み 投資家たちの体験談

話題の「みんなで大家さん」とは

どんな投資法なのか みんなで大家さんを始めるには みんなで大家さんの会員特典 みんなで大家さんQ&A
2chでの評価 運営会社について みんなで大家さんに出資している人の口コミ みんなで大家さんが扱っている商品

一般的な資産投資のリスクを調査

株主になる FXをする 牝牛のオーナーになる ラブホのオーナーになる MARSをする
投資物件を購入する 商品先物取引・コモディティに投資する 金に投資をする 国債を買う
投資信託をする

サイトマップ

Copyright (C)都市綜研インベストバンクの評判 All Rights Reserved.