有効な資産投資を実現するための情報サイト

都市綜研インベストバンクの評判
HOME » 資産投資にリスクは付きもの?代表的な投資法を調査

資産投資にリスクは付きもの?代表的な投資法を調査

投資

資産投資というと、株式や不動産をイメージしがちですが、口座にお金を入れておくことで金利が得られる金融機関の預貯金も、資産投資のひとつです。
以前よりも投資のハードルが低くなった今、実にさまざまな形の資産投資が存在します。

パソコンや携帯電話から、誰でも手軽に始められるようになった株式投資は、高い収益性が魅力ですが、その分、リスクも大きい投資方法です。

為替レートの変動を利用して利益を出したり、外国通貨との金利差を利用して利益を出すFX
その特徴を利用すれば、少ない資金で大きな利益を得ることもできますが、受ける損失も大きくなることを忘れてはいけません。

そのほか、繁殖母牛ラブホテルのオーナー制度や、アメリカの診療報酬請求債権を利用したMARS投資

投資物件を購入して行なう不動産投資など、一般的に知られている資産投資の特徴や仕組み、リスクなどについて、ここで紹介したいと思います。

資産を運用して設けたいと思われている方に、お役立て頂けましたら幸いです。

みんなで大家さんの不動産投資と他の投資方法を比較

ここではミドルリスク・ミドルリターンで話題の「みんなで大家さん」のような投資方法と、その他の投資方法を比較し、それぞれの仕組みや、リスク、リターンなどをわかりやすくまとめました。

投資の仕組みで比較(インカムゲインorキャピタルゲイン)

投資は大きく分けると、保有しているだけで入る収入「インカムゲイン」と、売却することで入る収入「キャピタルゲイン」の2つに分けることができます。

インカムゲインの投資方法

インカムゲインは資産を保有しているだけで収入が入る仕組みになっていて、定期的な収入が見込める安全性の高い投資方法です。

同じインカムゲインであっても、不動産投資は収入の種類が家賃収入となり税金は5%~40%(個人の所得税率による)であるのに対し、それ以外の利子所得は一律20.315%となります。

キャピタルゲインの投資方法

キャピタルゲインは、資産を売買することで利益を得る投資法です。ハイリスクハイリターンなのが特徴。売買のタイミングも自分で決めることになりますので、ある程度の知識が必要となるでしょう。

リスクの大小で比較

投資のリスクは、投資した資金(元金、元本)を回収できるかどうかということにかかります。元本割れのリスクが小さいものほどリスクが小さい投資方法と考えます。

リスク小の投資方法

様々な投資の中でもっともリスクが低いのは、国の債権を購入して利息を得る「国債」。国へお金を貸して利息を得るわけですから、預け先は国です。国から元金が回収できないことはまずないでしょう。また、定期預金で利子を得る場合も、相手先は銀行各種です。銀行が破産することは滅多にあることではありませんのでリスクはかなり低いと言えます。

リスク中の投資方法

不動産を購入して第三者に貸し出すことで毎月家賃収入を得るインカムゲインの投資方法では、不動産価値はそうすぐには変わらないので、ある程度のスパンを考えて投資すればリスクはかなり抑えることができます。

ただ、個人で集合住宅を購入して運用する場合、莫大な資金が必要ですし、様々な手数料や管理費、修繕積立金、設備交換費用、固定資産税などのランニングコストもかかります。専門的な知識も必要となりますので、ある程度のリスクや手間は覚悟する必要があるでしょう。「みんなで大家さん」のように小額投資で利益を分配する投資方法は、同じくリスクも分配できます。

また、不動産投資をするうえで最も不安な要素は、空室によって家賃収入が得られなくなることでしょう。「みんなで大家さん」のように、すでに契約済みの家賃収入を投資家に分配する形式の場合は、より変動リスクが少なくなります。

実際に「みんなで大家さん」ではこれまで元本価格が変動したことはないようです。ファンドによってリスク幅も変わるのでご自身でしっかり見極める必要があるでしょう。

リスク大の投資方法

日夜変動する株価や金利。その変動差益を狙うこれらの投資方法は、イコール、利益もその変動に依存すると言う事です。今100万円の利益が乗っていたとしても、世界情勢の影響や重要人物の発言によって大きく変動し、翌日には乗っていた利益どころか元金までも減らしてしまう可能性もあるのです。

これはFXのスワップ(外貨預金の利息)においても同じです。保有している通貨の価値が下がれば利息はついたとしても元本割れしてしまいかねません。様々な投資方法中ではリスクの大きい投資方法と言えます。

リターンの大小で比較

数ある投資の種類の中から一つを選ぶのは至難の業ですが、最も基本となるのは、リスクを抑えてリターンを得ると言う事です。

リターン小の投資方法

リスクの少ない定期預金の利回りは多くても0.200%と極小です。リスクを抑えてもリターンが少なすぎるのは投資をしている実感も少ないかもしれませんね。

リターン中の投資方法

「みんなで大家さん」の利回りは6%~7%となっています。これはその他の不動産ファンドと比較してもトップクラスの利回りです。

リターン大の投資方法

どの投資のどの部分がリスクと感じるかは人それぞれですが、一般的に投資の基本はリスクとリターンがイコールだと思っておいた方が良いでしょう。リターンが大きい投資はリスクも大きく、元本割れする可能性も高いです。

最近、話題になっているビットコインもハイリスク・ハイリターンのキャピタルゲインの投資法に含まれます。

初心者にも分かりやすい投資方法は・・・?

様々な投資方法の中で、特に分かりやすく、また、初心者向けの投資は、インカムゲインの投資です。

資産を保有しているだけで収入が入る定期預金や国債などは、元本割れするリスクはかなり低く、保有しているだけで利息分の利益を得られます。しかしながら、定期預金や国債は、リスクが低い分、リターンもとても少なく、ローリスクローリターンの投資。せっかく投資するのですからある程度の利益を目標にしたいと考える方もいらっしゃるでしょう。

インカムゲインの中にも、株式投資で配当金を得たり、不動産投資で家賃収入の利益を得たりする方法もあります。それぞれ興味ある分野に挑戦するのも一つ。株に興味のある方は株式投資を、不動産に興味のある方は不動産投資を。このように、ご自身の得意分野で、出来るだけリスクを抑えた投資方法を選ぶと良いですね。

特に不動産投資では「みんなで大家さん」などの不動産ファンドを利用すれば、不動産投資のネックとも言える集金業務や管理費などのランニングコストの心配もありません。多くの知識も必要なく、また小額から始められるので、わかりやすく初心者にも始めやすい投資方法と言えるでしょう。

逆に投資経験が少ない方が避けた方が良いのは、ハイリスクハイリターンのキャピタルゲインの投資方法です。大きなリターンを狙えるFXや株式投資、先物や投資信託などは、近年、ネットや書籍など初心者でも始めやすいような導線が作られていますが、やはりリターンが大きいものにはある程度のリスクがつきものだと心しておいた方が良いでしょう。

都市綜研インベストバンクの投資法とは
都市綜研インベストバンクの投資法とは
PageTop

【免責事項】
「都市綜研インベストバンクの評判」は、投資がしたい方のために個人で調査・運営しているサイトです。
2016年12月時点の情報をもとに作成していますので、最新情報を知りたい方は直接公式サイトでご確認下さい。

都市綜研インベストバンクの噂を調査

都市綜研インベストバンクについて調査 不動産投資商品についての書き込み 投資家たちの体験談

話題の「みんなで大家さん」とは

どんな投資法なのか みんなで大家さんを始めるには みんなで大家さんの会員特典 みんなで大家さんQ&A
2chでの評価 運営会社について みんなで大家さんに出資している人の口コミ みんなで大家さんが扱っている商品

資産投資にリスクは付きもの?代表的な投資法を調査

株主になる FXをする 牝牛のオーナーになる ラブホのオーナーになる MARSをする
投資物件を購入する 商品先物取引・コモディティに投資する 金に投資をする 国債を買う
投資信託をする 怪しい投資話を見極める 不動産投資信託をする ビットコインに投資をする
預金をする ワイン投資をする J-REITをする

サイトマップ

Copyright (C)都市綜研インベストバンクの評判 All Rights Reserved.